産婦人科のwifi導入☆おすすめ6社

メリットと選ぶポイントについて

インターネットが普及している今の時代では、ありとあらゆる場でいかにスムーズにインターネットが使えるかが重要になっています。産婦人科でもwifiの有無を重要視する人が増えており、導入することにより業務の効率化や患者さんの満足度につながるというメリットがあります。

一口に産婦人科にwifiを導入するといっても、数多くの業者が存在しているので、初期費用や維持するために毎月必要となる費用、サービス内容など細かな点を比較してから選ぶことが重要になってくることは間違いありません。

このサイトでは各業者の料金形態や、プランの詳細はもちろん強みや使い勝手の良さなど様々な点を紹介しており、比較できるようになっています。それぞれのニーズに合っているwifiを選ぶことで、産婦人科のニーズも高まり業務の効率化にも繋がるのではないでしょうか。

KOS

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス性 ★★★★
満足度 ★★★★★
情報量 ★★★★

ポイント

  • ナースコールの管理システムを利用できます
  • ナースコールをスマホの連動も可能です
  • 院内LANの設定も対応しています

wifiの導入を考えている医療機関は多いです。特に産婦人科は待ち時間も長いということもあり、患者が退屈をしないような空間作りを行いたいとしているクリニックも多いです。しかし導入をするためには何が必要なのか曖昧だということもあるでしょう。

KOSは産婦人科に限定せず、様々な医療機関でwifiを導入できる提案をしています。導入だけではなく、更新も定期的に行っているので安心をして利用をすることができます。また看護師がスマホを持ち、患者の状態を手元でチェックできるシステムも提案しています。

近畿圏で導入を検討している医療機関に相談に応じています。コストの不安があるという場合でも相談に応じているので、まずは気軽にお問い合わせください。メールフォームからも問い合わせ可能です。

ELECOM

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス性 ★★★★
満足度 ★★★
情報量 ★★★★

ポイント

  • ワンパッケージ化で迅速な対応が可能
  • コストパフォーマンスに優れている
  • 料金設定が明確でありリーズナブル

ELECOMは製品の選定を始め設置のための工事や運用はもちろん、保守に至るまで全てをワンパッケージ化することにより、迅速でありサポート体制が整っているので産婦人科でも安心してwifiを導入することができます。

LANケーブルを使うことで電力を供給してあたる、PoE対応の無線アクセスポイント導入で、コストパフォーマンスに優れており、スタッフの業務の効率化とクリニック利用の患者さんの満足度アップに役立てることができます。

導入するためには何が必要になるのかを選ぶ必要があり、そのための調査も行なっているので、より最適な料金プランを選ぶことができ、無駄な出費を避けることができるようになっていて、シンプルでわかりやすくなっています。

フルノシステムズ

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス性 ★★★★★
満足度 ★★★
情報量 ★★★

ポイント

  • 業務用の無線LAN構築では保守点検業務も行ってること
  • 活動拠点が東京以外に関西や名古屋や九州にもあること
  • アクセスポイントの保証期間が5年間であること

株式会社フルノシステムズは1984年10月3日に設立された会社で、本社は東京の墨田区の両国に所在しています。会社では本社のほかにサービスセンターとしての機能を持つ神戸支社と名古屋営業所と福岡県に九州営業所がそれぞれ存在します。

会社の主な事業内容は無線LAN構築関係で、そのうちの1つは業務用の無線LANであるwifiを産婦人科などの病院や学校などに導入をしていることです。もう1つは無線ハンディターミナルでこれは携帯電話くらいの大きさのハンディターミナルを物流拠点に導入をすることです。物流拠点では倉庫にある商品のピッキングや小売店での棚卸しなどに利用されています。

これら無線LANシステムでは単に導入を推進するだけではなくて、既に構築されているネットワークの保守点検業務も行っています。保守業務は通常は1年契約ですが、3年や5年などのプランも用意されるなどしています。

BUFFALO

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス性 ★★★
満足度 ★★★★
情報量 ★★★

ポイント

  • 医療機関への導入事例も多数あって実績が豊富です
  • パソコン関連商品では業界トップクラスのシェアです
  • wifi保守サービスは2つのタイプから選べます

BUFFALOは様々な法人でのwifi導入を行っております。医療機関にも多く利用されていますので、産婦人科でもスムーズな設置ができます。wifiの導入実績が豊富な部分が安心して任せられる事にも繋がっています。

BUFFALOはパソコン周辺機器などのアイテムが非常に充実しています。オフィスや法人用の製品も多く対応していますので、総合的にパソコン関連を構築する事が可能です。そのシェアは業界でも最大手となっていますのでアイテム数は幅広く存在します。

wifiの保守体制はデリバリー保守とセンドバック延長保守の2つのタイプが用意されています。利用する際の目的などに合わせて選べる事が特徴で、料金体系も分かりやすくなっています。

アライドテレシス株式会社

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス性 ★★★
満足度 ★★★★
情報量 ★★★

ポイント

  • 医療関連のネットワーク構築に強いベンダーです
  • 導入時に無かった外来波へも、自立設定機能により安定したネットワーク環境を提供してくれます
  • 専用フォームからwifiの導入に関して手軽に問い合わせられます

アライドテレシス株式会社は、産婦人科でwifiの導入を検討している際に頼れるパートナーです。このベンダーは医療関連のソリューションに強いため、それぞれの産婦人科に最適なネットワークの構築をサポートしてくれます。

この会社が構築するネットワークシステムでは、アクセスポイントの設定にAWCを採用しているのも強みです。これにより導入後に外来波が増加した場合でも自律的にアクセスポイントの設定をするため、安定した無線LAN環境を提供してくれます。

アライドテレシス株式会社は公式サイト上でWEBカタログも公開しているほか、専用フォームを使えば、wifiの導入相談も気軽に行えます。また、アライドテレシス株式会社のテレマーケティングではフリーダイヤルも用意されており、営業日時は祝祭日を除く月曜日から金曜日の、9時から17時30分までです。

Aruba

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス性 ★★★★
満足度 ★★★
情報量 ★★★★

ポイント

  • 医療関係のネットワークに関するサービスを提供
  • アプリもセキュリティも任せられる
  • 医療という専門性のネットワークソリューションに特化

産婦人科など医療現場にwifiを用いてネットワークを構築したいとき、役立つ会社です。高速かつ常時接続を可能とし、サービスを導入すると医療に携わるスタッフ同士が現場でも事務所でもつながることができます。

Arubaはアプリの提供だけではなく、セキュリティーやパフォーマンスの向上にも力を入れています。多数の使用で回線が混みあいパフォーマンスが低下したり、セキュリティーが低下し医療情報が外部に漏れるという心配をなくすことが可能です。

介護の現場では高齢者の居宅とつないだり、位置情報サービスでケアの向上及びスタッフの負担軽減をもたらすことができます。wifiを使用することにより配線も省略できるので、コスト削減にもつながるサービスです。

産婦人科でWi-Fiを導入するメリット

今の時代はインターネットの普及により、便利な世の中となっていてインターネットはビジネスシーンでも欠かせないものとなっています。クリニックでもインターネット環境の充実により、業務の効率化もかなり進むようになりました。個人情報の管理やデーターを見つけたい時にすぐ見つけることができるなど、ありとあらゆるメリットがあります。人間の目視の管理だけでは、どうしても人為的なミスも起きてしまいがちですが、コンピューター管理を加えることにより、ミスを大幅に減らすことにもつながります。しかしインターネットを使うとなれば、通信料が発生し、規模が大きなクリニックとなれば、そのコストはかなりのものとなってしまいます。そのことから、wifiを導入するクリニックはかなり増えており、産婦人科でも導入されています。

病院でwifiを導入するとなれば、かなりの費用が必要であり、初期費用はもちろん毎月いくらの出費となるのかよく考えてから検討しなければなりません。大きな設備投資となるので、必要なサービスは何かをしっかりと考えておき適したwifiサービスを選ぶことが必須となってくることは、頭に置いておくべきです。どれを選んでも同じと考えてしまいがちですが、利用先により毎月必要となる費用や初期費用といった金銭面の違いや、オプションの違いを比較してから選んでいきましょう。今の時代ならば、簡単に見積もりを取ることができるので複数から見積もりを取っておくべきです。産婦人科でwifiを導入する時には、医師や看護師といった働いているスタッフだけではなく、患者さんが使えるwifiの事も考えておく必要があります。

産婦人科は比較的待ち時間も長くなっており、中には子連れの人もいます。その場合には、子供が騒いでしまわないようにスマートフォンやタブレット端末を使って、アニメなど動画を見せたりゲームをさせておきたいという人も多いのではないでしょうか。その際にもwifiが使えるとかなり役に立つということから、産婦人科選びのポイントの一つとしてwifiの有無はかなり重要視している人が増えていることは確かです。通院時だけではなく、出産前や出産した後に入院する時にも、病で入院しているわけではないので体はもちろん元気であり、ただ入院していることは暇だと感じる女性が大半です。その際に、wifiを使うことができれば、ゲームをしたり音楽を聞いたりと、暇をつぶすことができるというメリットがあります。

TOPへ